PJRCDM LOGO PerryJohnsonRegistrarsCleanDevelopmentMechanism,Inc.(PJRCDM)
Language

品質方針

私たちペリージョンソンレジストラークリーンディベロップメントメカニズム(PJRCDM)の社員、従業員は、私たちが提供するサービスの質において、お客様のご要望と期待にそうよう努力するとともに、認定機関である国連、適合性認定機関、規制・基準の監督機関、およびその他自主参加型制度の執行機関の期待に応えるため努力します。PJRCDMの管理体制は「公平性、独立性、信頼性、透明性」を維持するよう構築し、社員、従業員や契約審査、検証人などの要員全てと十分な意思疎通が行なれることを確実にします。

温室効果ガス排出削減プロジェクトの正確な審査・検証を実施し、その活動が持続可能な発展に貢献することを目指します。この厳格で正確な審査で広く社会の信頼を得、お客様に質の高い顧客サービスを提供するために、私たちは適用をうける認定基準、社会の期待、第三者検証機関としての責任を追及し、実現するために審査・検証マニュアルを策定し、有効な品質マネジメントシステムを構築、運営します。

人材はPJRCDMにとってもっとも重要な資産です。そのため審査・検証活動のすべてのプロセスにおいて、優れた力量のある人材を配置することが最も重要で力を入れるべき課題です。この重要な課題に対して、審査・検証業務に係る活動にかかわる人材の採用、教育・訓練および力量評価を行い、十分な力量が当機関にあることを常に確実にします。

PJRCDMは、第三者検証機関として、公平性の重要さを理解し、許容できない利害抵触への脅威を生じさせることなく、また、審査・検証活動の客観性を維持するため、第三者で構成される委員会の設置を含めた管理手順を定め、遵守し、社会の信頼にこたえます。
そして品質の維持向上のため、PJRCDMの全員が一丸となって、品質方針やそれに基づく精神、そして品質マニュアルやその他手順書の指示を忠実に実行することに努めます。



機密保持方針

PJRCDMは、その名のもとに活動する委員会および外部の機関または個人を含む当社体制のすべての階層において、有効化審査・検証活動の過程でGHGプロジェクト参加者との連絡により得られた情報の機密を保持するために、適用される法律に従った適切な取決めを有しています。

法律で要求されている場合を除き、特定の組織に関する情報は、その組織の同意書がない限り第三者に開示しません。法律で情報を第三者に開示するよう要求されている場合、または該当するGHGプログラムに情報開示規定がある場合は、公開する情報をその組織に対し、あらかじめ通知します。

PJRCDMの機密性に関する方針を強化するために、有効化審査員・検証人ならびに技術専門家とのすべての契約書には、機密に関する記述が含まれます。

PJRCDMは、機密情報を適切な設備、施設を利用し、安全に管理します。また、業務委託によって有効化審査・検証に関する情報が伝達される場合は、文書による機密保持合意を委託先と締結します。